必見!膝の軟骨のすり減りの痛みに効く薬と使用上の注意とは?

必見!膝の軟骨のすり減りの痛みに効く薬と使用上の注意とは?

 

膝が痛む原因は様々ありますが、高齢の方の場合は膝の軟骨のすり減りにより痛みが出るケースが多くみられます。

 

通常であれば膝の関節表面を軟骨が覆っているため、骨同士が接触することはありませんが、加齢や肥満により軟骨が摩耗し次第に骨同士が接触することで炎症などを起こして痛みの原因となります。

 

軟骨は「骨」という字を書きますが実際はその殆どが水分からできており、自己再生能力が乏しい、つまり一度摩耗してしまうと修復はかなり難しいと言えます。したがって対処法としては、痛みを和らげつつ膝周囲の強化を行うことが重要です。

 

 

膝の痛みの対処方法は大きく3つあり、痛みを止めること炎症を抑えること痛みを緩和することです。

 

 

1つ目は、痛み止めのなどを服用することで、痛みが脳に伝達されることを妨げて一時的に痛みを抑える方法です。

 

これは我慢できない程の状況では有効ですが、あくまでも対処療法であり、痛みの原因への直接的な効果は期待できず、また医薬品であるため副作用にも十分に注意が必要です。

 

 

2つ目は、非ステロイド系の消炎鎮痛剤を服用したり、湿布や塗り薬により炎症を抑える方法です。

 

これらもひどい痛みを感じる場合に有効ですが、消炎効果は血流抑制によってもたらされるものであり、膝の修復に必要な栄養供給や代謝なども同時に抑制されてしまい、根本的な改善と反します。

 

また副作用のリスクもあるため、やはり継続的な使用は避けるべきです。

 

 

最後の痛みの緩和についてですが、軟骨に働きかけることが期待されるコンドロイチンや、痛みを和らげる効果のあるビタミンなどを含んだ医薬品の使用です。

 

痛みを緩和しながら原因に直接的に働きかける効果が期待できますが、効果が出るまで期間が長く、その他と同様に服用時の副作用に注意が必要です。

 

 

これまで膝の痛みの対処法について見てきましたが、普段から自分の症状と体質・体調について医師など専門家とよく相談し、痛みの種類や度合いに合わせて適切に対処法を選択することが大切です。

 

また根治は難しいことを十分に理解し、逆効果となる膝への過度な負担を避けた膝の運動強化に取り組むことも心掛けましょう。

 

 

軟骨のすり減りにより膝が痛い!

痛みをどうにかしてほしい!

 

そんな方におすすめのサプリメントです!

 

軟骨成分「グルコサミン」だけでなく
痛みにもすぐにアプローチしてくれる「オオイタドリ」配合!

 

早くつらい痛みから解放されたい方におすすめ!
薬ではないので副作用の心配もありません!

 

今なら全額返金保証付きですよ。
↓↓詳細はこちら↓↓