注意!年齢とともに膝の軟骨成分が減少する原因とは?

注意!年齢とともに膝の軟骨成分が減少する原因とは?

 

 

年齢とともに体のあちこちが痛んだり、動かしづらくなったりしますよね。

 

特に高齢者は膝の痛みで悩んでいる人が多いようです。

 

高齢者の膝の痛みには、軟骨成分の減少が大きく関わっているようです。

 

詳しく調べてみましょう。

 

 

●軟骨成分が減少すると膝が痛む

 

若い時は元気だったのに、年を取ると急に膝の痛みに悩まされるようになるのはなぜでしょう。

 

しかも痛みを感じ始めた時は、ちょっと違和感があるなと思う程度だったのが、その症状はどんどん加速して、最終的には歩くのもつらくなってしまいます。

 

また高齢者の人がお店などで、座敷に正座するのがつらいから椅子の席がいいと言っているのもよく耳にします。

 

 

これらの膝の痛みは、ほとんどが関節からくる痛みといってよいでしょう。

 

 

そして、どうして関節が痛むのかというと、年齢とともに関節の軟骨成分が減少してしまうからなのです。

 

 

●年齢とともに膝の軟骨成分は減少する

 

軟骨成分とは、軟骨がすり減ったときに軟骨を再生して、正常な状態保つために必要な成分です。

 

コマーシャルや雑誌などで、グルコサミンやコンドロイチン、U型コラーゲンといった名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

このグルコサミンやコンドロイチン、U型コラーゲンは加齢とともに減少してしまいます。

 

 

若い時はこの成分が十分ありますので、すり減った軟骨をどんどん再生できるのですが、高齢になり成分が減少すると、軟骨の再生がすり減りに追いつかなくなってしまうのです。

 

こうして軟骨はすり減っていき、変形性膝関節症を引き起こしてしまいます。

 

高齢者の膝の痛みのほとんどが、変形性膝関節症が原因だというのも納得できます。

 

 

加齢によって体の成分が減少してしまうことは、自然の摂理なのかもしれません。

 

しかしながら、軟骨成分の減少を運動で筋力アップすることで補うこともできます。

 

また最近では良いサプリメントもたくさんありますので、食事で摂れない栄養素は上手にサプリメントで摂るのもひとつの方法です。

 

 

軟骨成分「グルコサミン」だけでなく
痛みにもすぐにアプローチしてくれる「オオイタドリ」配合!
早くつらい痛みから解放されたい方におすすめ!
薬ではないので副作用の心配もありません!
今なら全額返金保証付きですよ。
↓↓詳細はこちら↓↓